漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

漢詩 「黄鶴楼送孟浩然之広陵」 現代語訳

2月 6, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。



訳:蓬田(よもぎた)修一

<漢文>

黄鶴楼送孟浩然之広陵 李白

故人西辞黄鶴楼
煙花三月下揚州
孤帆遠影碧空尽
惟見長江天際流
(唐詩選)

<書き下し>

黄鶴(くわうかく)楼にて孟浩然(まうかうねん)の広陵(くわうりよう)に之(ゆ)くを送る 李白

故人 西のかた黄鶴楼を辞し
煙花(えんくわ)三月 揚州(やうしう)に下る
孤帆(こはん)の遠影(ゑんえい) 碧空(へきくう)に尽(つ)き
惟(た)だ見る 長江(ちやうかう)の天際に流るるを

<現代語訳>

黄鶴楼で孟浩然が広陵に行くのを見送る 李白

昔からの友人(孟浩然)は、(広陵より)西の方角にある黄鶴楼に別れを告げて
春霞と花とが入り交じった三月、揚州(広陵のこと)へと下って行く
(友人が乗る)一艘の帆掛け舟の遠い影は、青空に吸い込まれ
ただ、長江が天の果てまで流れていくのを見ているだけである



Comments are closed.