漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

論語 「司馬牛憂曰」 現代語訳

3月 6, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。



訳:蓬田(よもぎた)修一

<漢文>

論語

司馬牛憂曰、
人皆有兄弟。
我独亡。
子夏曰、
商聞之矣。
死生有命、富貴在天。
君子敬而無失、与人恭而有礼、四海之内、皆為兄弟也。
君子何患乎無兄弟也。
(顔淵)

<書き下し>

司馬牛憂へて曰はく、
「人は皆兄弟(けいてい)有り。
我独り亡(な)し。」と。
子夏曰はく、
「商これを聞けり。
『死生命あり、富貴天に在り』と。
君子は敬して失なく、人と恭しくして礼あらば、四海の内皆兄弟たり。
君子何ぞ兄弟なきを患(うれ)へん。」と。

<現代語訳>

司馬牛は思い悩みながら言った。
「人は皆、兄弟がいます。
でも、私だけは、ひとりぼっちです。」
子夏が言った。
「私はこのように聞いています。
『死ぬことも生きることも、天によって定められた運命であり、富むも栄えるも、また天によって定められた運命である。』
君子は慎み深い態度を取り間違いを犯さず、人と交際するのにも慎み深くし、礼を失わなければ、世界のすべての人々が皆兄弟なのです。
君子であるものがどうして兄弟がないことを気に病むでしょうか。」



Comments are closed.