漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

論語 「顔淵死。子哭之慟。」 現代語訳

3月 7, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。



訳:蓬田(よもぎた)修一

<漢文>

論語

顔淵死。
子哭之慟。
從者曰、
「子慟矣。」
曰、
「有慟乎。」
非夫人之爲慟、而誰爲。」
(先進)

<書き下し>

顔淵(がんえん)死す。
子これを哭(こく)して慟(どう)す。
従者曰わく、
「子慟せり」と。
曰わく、
「慟すること有るか。
夫(か)の人の為めに慟するに非ずして、誰(た)が為にかせん」と。

<現代語訳>

顔淵が亡くなった。
孔子は大声をあげて泣き、悲しみのあまり身もだえした。
そばにいた弟子が言った。
「先生は、悲しみのあまり身もだえしていました」
孔子は、
「そうか、身もだえしていたか。彼のため身もだえせずに、誰のために身もだえしようというのか」と言った。


Comments are closed.