漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

漢詩 「早発白帝城」 李白 現代語訳

1月 25, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。



訳:蓬田(よもぎた)修一

<漢文>

早発白帝城 李白

朝辞白帝彩雲間
千里江陵一日還
両岸猿声啼不住
軽舟已過万重山
(唐詩選)

<書き下し>

早(つと)に白帝城を発す 李白

朝(あした)に辞す白帝彩雲の間
千里の江陵一日にして還(かへ)る
両岸の猿声(ゑんせい)啼(な)き住(や)まざるに
軽舟已(すで)に過ぐ万重(ばんちょう)の山

<現代語訳>

早朝に白帝城を旅立つ 李白

朝、白帝城にたなびく朝焼けの雲に別れを告げた
千里を隔てた江陵へ、たった一日で帰ってきた
(揚子江の)両岸の猿き声は、絶えず泣いて
船足の速い小舟は、いくつも重なる山々の間を、すでに通り過ぎていた



Comments are closed.