漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

屈原 「漁父辞」 現代語訳

6月 19, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。



訳:蓬田(よもぎた)修一

<現代語訳>

漁父の辞
屈原

屈原はすでに(罪を得て)遠地に流され、川のほとりを旅し、歩きながら沢のほとりでうたを口ずさんでいた。
顔色はやつれ、姿形はやせこけている。
漁夫は(屈原を)見かけると、屈原にたずねて言った。
「あなたは三閭大夫ではありませんか。
どうしてここに来られたのですか。」
屈原は言った。
「世の中はすべて濁っているのに、私ひとりだけが清らかである。
多くの人は酔っているのに、私ひとりだけが醒めている。
それ故に(罪を得て)遠地に流されたのだ。」
漁夫が言った。
「聖人は物ごとにこだわらず、世の中とともに推移することができるものです。
世の中の人が皆濁っているなら、なぜ泥をかきまぜて水を濁らせ、その濁った波をあげないのですか(=濁った世の中の人たちと同調しないのですか)。
多くの人たちが皆酔っているなら、なぜその酒のしぼりかすを食べ、その薄酒をすすらないのですか(=世の中の人ほどは酔わないまでも、わずかでも酔って同調しないのですか)。
なぜ深く考え、孤高を保ち、自分から遠方へ流されるのですか。」
屈原は言った。
「私はこういうことを聞いている。
『髪を洗ったばかりの者は必ず冠のちりを払い(=ちりを払ってからかぶり)、からだを洗ったばかりの者は必ず着物を振るものだ(振ってから着るものだ)』と。
どうして潔白な身に、汚れた物を受けることができようか。
たとえ湘江へ行き、川に住む魚の腹の中に葬らようとも、どうして潔白な身に、世俗の塵やほこりをこうむることができようか。」
漁夫はにっこりと笑い(屈原の潔い気持ちに好意を表し)、かいを音高く鳴らして去って行った。
そうしてこう歌った。

滄浪の水が澄めば 自分の冠のひもを洗うのがいい
滄浪の水が濁れば 自分の足を洗うのがいい

そのまま去って行き、二度と屈原とは言葉を交わさなかった。
(古文真宝)

<書き下し>

漁父(ぎよほ)の辞(じ)
屈原

屈原既に放たれて、江潭(かうたん)に遊び、行(ゆくゆく)沢畔に吟ず。
顔色憔悴(せうすい)し、形容枯槁(こかう)せり。
漁父見て之(これ)に問ひて曰はく、
「子は三閭(さんりよ)大夫に非(あら)ずや。
何の故に斯(ここ)に至れる。」と。
屈原曰はく、
「世を挙げて皆濁れるに、我独(ひと)り清(す)めり。
衆人皆酔へるに、我独り醒(さ)めたり。
是(ここ)を以(もつ)て放たる。」と。
漁父曰はく、
「聖人は物に凝滞せずして、能(よ)く世と推移す。
世人皆濁らば、何ぞ其の泥を淈(にご)して、其の波を揚げざる。
衆人皆酔はば、何ぞ其の糟(かす)を餔(くら)ひて、其の醨(しる)を歠(すす)らざる。
何の故に深く思ひ高く挙がり、自ら放たしむるを為(な)すや。」と。
屈原曰はく、
「吾之を聞けり。
『新たに沐(もく)する者は必ず冠を弾(はじ)き、新たに浴する者は必ず衣を振るふ。』と。
安(いづ)くんぞ能く身の察察たるを以て、物の汶汶(もんもん)たる者を受けんや。
寧(むし)ろ湘流(しやうりう)に赴きて、江魚の腹中に葬らるとも、安くんぞ能く皓皓(かうかう)の白きを以てして、世俗の塵埃(ぢんあい)を蒙(かうむ)らん。」と。
漁父莞爾(くわんじ)として笑ひ、枻(えい)を鼓して去る。
乃(すなは)ち歌ひて曰はく、

滄浪(さうらう)の水清まば 以て吾(わ)が纓(えい)を濯(あら)ふべし
滄浪の水濁らば 以て吾が足を濯ふべし

遂(つひ)に去りて復(ま)た与(とも)に言はず。
(古文真宝)

<漢文>

漁父辞
屈原

屈原既放、遊於江潭、行吟沢畔。
顔色憔悴、形容枯槁。
漁父見而問之曰、
「子非三閭大夫与。
何故至於斯。」
屈原曰、
「挙世皆濁、我独清。
衆人皆酔、我独醒。
是以見放。」
漁父曰、
「聖人不凝滞於物、而能与世推移。
世人皆濁、何不淈其泥、而揚其波。
衆人皆酔、何不餔其糟、而歠其醨。
何故深思高挙、自令放為。」
屈原曰、
「吾聞之。
『新沐者必弾冠、新浴者必振衣。』
安能以身之察察、受物汶汶者乎。
寧赴湘流、葬於江魚之腹中、安能以皓皓之白、而蒙世俗之塵埃乎。」
漁父莞爾而笑、鼓枻而去。
乃歌曰、

滄浪之水清兮 可以濯吾纓
滄浪之水濁兮 可以濯吾足

遂去不復与言。
(古文真宝)



Comments are closed.