漢文塾は、漢文を勉強する皆様を応援します。

論語 「道之以政」 現代語訳

2月 4, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。


訳:蓬田(よもぎた)修一

<漢文>

論語

子曰、
「道之以政、斉之以刑、民免而無恥。
道之以徳、斉之以礼、有恥且格。」
(為政)

<書き下し>

子曰はく、
「之を道(みちび)くに政を以てし、之を斉(ととの)ふるに刑を以てし、民免れて恥無し。
之を道くに徳を以てし、之を斉ふるに礼を以てすれば、恥有りて且つ格(いた)る。」と。

<現代語訳>

先生が言った。
「法律や禁制で(人々を)導き、刑罰で(人々を)統制すれば、人々は免れさえすればいいと考えて、恥の心を失う。
徳で(人々を)導き、礼で(人々を)統制すれば、恥の心を持ち、善に至る。」



Comments are closed.